INDEX

瞑眩(めんげん)について


瞑眩(めんげん)とは好転反応のことです。新陳代謝が活発になってきますと、数日後には瞑眩が始まります。体が無性にだるい、足がほてって靴下を脱ぎたくなる、逆に氷を押し付けたように足が冷たい、吹き出物や湿疹が出る、といった症状です。これらは瞑眩という、体が好転し始めて体内の毒が外に出始めたサインですので、薬で抑えないようにして下さい。

瞑眩(めんげん)

瞑眩(めんげん)が始まりますと、今までの症状が、一時的にもっとひどくなることもあります。しかし症状はあくまで「現象」であって、病気自体がひどくなっているのではないことを理解してください。新陳代謝が活発になって、現象が出やすくなったということだけです。言い換えれば、体が鋭敏になったということですので、むしろ喜ぶべきことです。

また同時に、心の変化も始まります。心の変化が始まると、無性にイライラし出すことがあります(イライラしても周りの人に当たらないでくださいネ)。

一時的にイライラしますが、心の変化が通過した後は、落ち着いて自分の欠点が冷静に自覚できるようになります。また、自分から逃げないで、その欠点と向かい合うことができるようになります。考え方も柔軟になります。

これらの瞑眩(めんげん)の現象は、元々体に備わっている自然治癒力(免疫力)が働き出した証拠であり、生命力が高まってきたことを意味します。即ち、色々な症状がでることは、健康に向かっての変化の過程といえるでしょう。

従って、瞑眩(めんげん)はいやだと言って、ここで止めたり、症状を抑える薬を飲んだりしたら、元の木阿弥です。冷えとり健康法の考え方を理解し、「冷え」をとれば健康な状態になることを信じて継続してみて下さい。

「今、体が浄化されているんだ。」と、自分の生命力に感謝して、瞑眩(めんげん)を楽しんでみられてはいかがでしょうか。そうすれば貴方は、きっといつか、健康になった自分の姿を鏡の中に発見されるでしょう!


おやすみなさい
寝る時は靴下を重ね履きしたまま寝る 足には湯たんぽ
寝る時は靴下を重ね履きしたまま寝る 足には湯たんぽ






5本指靴下は、当店のショッピングページで 販売しております。
クリック→ナチュラルソックス ショッピングページ

ナチュラルソックス ショッピングページ
写真は絹5本指靴下「エコシルク」

絹(シルク)の特性